エフスタイル-シナの裂き織ねじり袋 (茶)


<左が茶です>

シナ布つくりは伐採から糸作り・織までの作業に1年を要し、雪深い山の生活に根ざして行われています。裂き織りは貴重な布地を無駄にしない知恵から生まれた技法で、シナ糸を用いた裂き織りも古くから受け継がれてきたものだそうです。大麻布やアイヌのオチョウ布、葛布、苧麻布などの自然布と呼ばれる布の中でも、特に貴重なシナ布。エフスタイルの取り組みの中では、民俗学的な見地からも高く評価もされています。こういうモノが身近に入手できることは、とても素晴らしいことだと思います。雪がよく似合うシナの裂き織ねじり袋。こちらは裂き織り生地に茶を使っています。使っていくうちにしなやかに柔らかくなっていきます。

※古くから伝わる原始的な方法によって作られていますので、シナ糸が多少はみ出していたり、均一な織りではございません。手仕事による生地の特性ですので、ご理解ください。送料無料でお届けいたします。

サイズ(底部分で計測)横幅約26僉▲泪遡12
メーカー/作家:
エフスタイル
販売価格:
¥19,800 (税込)